ゴッホが描く黄色

選んだ色。

その色は、今の状況を表しているのか

それともその色が象徴していることを求めているのか。


ひまわりをはじめオーヴェールの教会など、

多くの絵に黄色を使ったゴッホ。

黄色は希望・喜び・コミュニケーションといった充足した状態の

他に、愛の渇望・依存心など寂しさを表す色でもあります。

黄色の求道者といわれるゴッホは、

幼くして亡くなった兄の生まれ変わりとして育ち、

自分のアイデンティティに悩み

存在不信に陥り、そして自分への関心を強く求めたと

いわれています。

そのゴッホが描く黄色。

明るい黄色ではなくて、

クロームイエローやからし色を使った作品からも

その複雑な心理が見えてきます。


ブログはこちら


PURE COLORS

好き 心地よい 安らぐ そんな純粋な感覚を大切に色の提案をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000