羽が生えた心

先日、ドキュメンタリー映画「ひかりの国のおはなし」を見に行ってきました。

この映画、どいしゅうさんという男性が70分お話されているだけなのですが、

だから。。。なのか、

色鮮やかな世界が浮かんでくるんです。


高知大学教授で「子どもの絵をダメにしていませんか?」の著者 鳥居昭美先生は、

絵本を読み聞かせた子どもたちと

絵のない本を読み聞かせた子どもたちに

その本の絵を描かせると

絵本の子どもたちは、絵本に書かれてあった絵を真似、

本の子どもたちは、自分の印象に残った場面を様々な色と形で表現した

とおっしゃっておられましたが、目より心。

イマジネーションの世界は、心に羽が生えたようです。


中学2年生の夏休み 生まれてこなかった妹が

あの世の「学校」に連れて行ってくれたという内容なのですが、

本当に行ったの?行かなかったの?・・・ということではなく

『その世界で見たこと・聞いたこと』はもちろん

さらに『そこで託されたことを、現実の世界でやっていくことのどいしゅうさんの葛藤』が

とても腑に落ちました。


さてさて・・・実はこの会場で募金をされていたのですが、

募金箱が凄すぎる・・・。

主催者の姪っ子さん小3生の作品。この発想力・・・。


PURE COLORS

好き 心地よい 安らぐ そんな純粋な感覚を大切に色の提案をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000