PURECOLORS七草 恵

記事一覧(46)

パーソナルカラー養成講座と起業

新しい年、新しいことを学びに都内まで行ってきました。関西人にとってこういう景色は「THE TOKYO」です。16か月通うのですが、この景色見る度にテンションあがりそう~⤴今月から「パーソナルカラー養成講座」を受講されるお客さま。年末に養成講座へのお問合せがあり、そのとき現状とこれからのことでご相談を受けるなかで「仕事になりますか?」というご質問がありました。「やってみたいけれど、仕事になるのかな?」と考えている方や、仕事をお持ちで「昔やってみたいと思っていた。」転職を考えるほどではないれど「新しいことをやってみたい。」と考えている方もいらっしゃると思うので、カラーコーディネーターの起業について書きたいと思います。私はカラーを通して本当にたくさんの経験ができ出会いがありました。初めの頃はイベントにも出ていたので、出展者同士仲良くなり、施術を受け合いコラボしたり、他のイベントを紹介してもらったり、講師の仕事を頂いたり、ランチに行ったりお出かけしたり。年齢もマチマチで家の話は全くといって出ず、仕事の話やどうしたらもっと自分を高められるのかといった話が中心。仕事のやり方やライススタイルの変化で疎遠になった人もいますが、今も仲良く、お付き合いが続いています。子ども色彩教室もその流れで主宰しています。起業という点でみると、カラー診断は花やヨガなどの教室系や体のメンテナンスのマッサージ系と違い、毎月通って頂くものではありません。実は、カラーコーディネーターを目指しているときは当たり前過ぎてなんとも思っていなかったのですが、仕事していくうえでこれは大きな特徴で、お客様との出会いが1度きりとなることが多いのです。この一瞬デメリットのように感じる特徴…私自身子育てからの仕事復帰が「カラーで仕事する」だったので、デメリットのように思いましたが、そうそうに見切り(笑)Wワーク路線へと変更しました。(個人事業主とパートのWワークの社保や税金に関しては収入などにより変わります。市で税理士や労務士さんの無料相談をやっていますので利用してみて下さい。)養成講座を受講される方は、私のように子育て中で仕事復帰として選ぶ方も多いので、同時に別のキャリアも考えていくことをオススメしています。安定して働ける仕事があることは心強く、また一方で自分で展開していく喜びや希望が個人事業主にはあって、どちらかが苦しい時、片方が片方を支えてくれます。カラーコーディネーターの養成講座は、少人数あるいはマンツーマンで開催致しますので、ご希望の日時に合わせております。ご質問などもお気軽にお問合せください。▶▶ 養成講座

イエベ春とブルベ夏が人気?

自己診断ツールを使ってみたけれど

昨日は8月とは思えない肌寒い藤沢。片瀬山シーズリーブル2階で、オリジナルスタイル診断(パーソナルカラー診断&骨格診断)でした。パーソナルカラー診断は、雑誌やWEBで自己診断出来るツールがたくさんあるのでされた方も多いと思いますが、「分からなかった」というお話もよく聞きます。それで診断させて頂くと「混合タイプ」の方が多いです。瞳と髪はブルーベースで、肌はイエローベース(黄色人種だからっていうのは関係ないです😊)という場合。これは実際ドレープ(布)を当てないと難しいだろうなぁと思います。こういう場合、化粧品を買う時は肌色で判断されるので、イエローベースと言われたり勧められます。ただご自身は何か違和感を感じている。(骨格診断だと、上半身はストレートだけど下半身はナチュラル寄り…などもあります)他には、「一度このシーズンかなと思うと、もうそれしか思えない。」意外にこちらも多くて先日も「ブルべ夏?(ブルーベースのサマー)と思うともうそれしか思えなくて、でも友達で診断してもらってサマーの服を着ているのを見ると、その子は本当に似合ってるけど自分は何か違うような気がする。」と来てくださいました。「混合タイプ」にしても「それしか思えない」にしても「何か違う気がする」という違和感を感じるほど、「色が診れている」んですね。なので実際ドレープ(布)を当てると、「似合ってる!」「顔色が悪くなった💦」「くすんだ」とご自身でも良く分かるようです。今回もそんな感じで診断が進みました😊とはいえ、私がそうだったのですが自己診断で「間違いなくウインターだろうなぁ。(パーソナルカラーの学校時代はドレープを当てることなくウインターだよねと言われていました😅)でもきつく見えるから嫌だ。とりあえず診断してもらって、きつく見えない色を教えてもらおう」と相談を兼ねて来てくださるのも大歓迎です😁